20171017 Tue. 「リチャード三世」

「リチャード三世」




s_richard-e1498525784467[1]

続きを読む

スポンサーサイト

20171014 Sat. 「トロイ戦争は起こらない」

「トロイ戦争は起こらない」

【会場】新国立劇場 中劇場
【日程】10月5日(木)〜22日(日)
【チケット料金(税込)】S席8,640円 A席6,480円  B席3,240円


s_top_vs_p_troie[1]

【スタッフ】
作 ジャン・ジロドゥ
翻訳 岩切正一郎
演出 栗山民也

【出演】
鈴木亮平 一路真輝 鈴木 杏 谷田 歩
江口のりこ 川久保拓司 粟野史浩  福山康平 野口俊丞 チョウ ヨンホ 金子由之
薄平広樹 西原康彰 原 一登 坂川慶成 岡崎さつき 西岡未央 山下カオリ 鈴木麻美 角田萌果
花王おさむ 大鷹明良 三田和代

いつも思うことだが、新国立の公演のチケット料金が、パブリックの劇場にも関わらず、高く設定されていて、アトレ会員になって割引を試みるも、それでも高いと感じるのは、観劇する公演の出来具合が、満足できるものではないからか。これまで、余り見るチャンスもなかったものが、企画されて上演されるので、やはり一度見ておいたほうがいいのでは、という氣持が、新国立へ向かわせるのだが、いつも、忸怩たる思いで帰宅の途に着く。やはり、一番安いB席3,240円で見るべきだ、と、つくづく思った。


続きを読む

20171014 Sat. 兵庫県立ピッコロ劇団第59回公演「かさぶた式部考」

兵庫県立ピッコロ劇団第59回公演「かさぶた式部考」

日程:2017/10/14(土) ~2017/10/15(日)
会場:世田谷パブリックシアター
料金:全席指定
一般 3,500円
大学・専門学校生 2,500円
高校生以下 2,000円
友の会会員割引 3,200円 ※1
せたがやアーツカード会員割引 3,300円 ※2
10月14日(土)14時拝見  2時間半(15分休憩含む) 3,500円 1階G列9番

20170715120145[1]

【作】秋元松代 戯曲『かさぶた式部考』【第十一回毎日芸術賞受賞】
【演出】藤原新平(文学座)
◯美術:加藤登美子
◯照明:西川佳孝(ハートス)
◯音響:原島正治(囃組)
◯衣裳:中村洋一(東京衣裳)
◯音響操作:三宅住絵(Quantum Leap)
◯方言指導:松岡優子(ゼロソー)
◯演出助手:眞山直則
◯舞台監督:鈴木田竜二
◯舞台演出助手:政香里沙
◯協力:遊氣舎
◯主催:兵庫県立尼崎青少年創造劇場
◯相生公演共催:相生市文化会館
◯東京公演提携:公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター
◯東京公演後援:世田谷区

【出演】平井久美子 原竹志 吉江麻樹 森万紀 亀井妙子 杏華 森好文
木全晶子 今井佐知子 山田裕 三坂賢二郎 峯素子(遊気舎) 木村美憂
孫高宏 野秋裕香 木之下由香 本田千恵子 吉村祐樹 橘義

岩松了が代表を務める兵庫県立ピッコロ劇団が、2014年に兵庫だけで上演した秋元松代作品を新たにおおくりします。
昭和42年、九州地方の農村。炭鉱事故で正気を失った豊市は、母と妻に献身的に支えられながら暮らしていた。だが“六十八代和泉式部”を名乗る魔性の尼僧に魅かれ、巡礼団の後を追い……。(劇団HP)

続きを読む

20171011 Wed. 映画「星の旅人たち」

映画「星の旅人たち」
英題:THE WAY
製作年:2010年
製作国:アメリカ/スペイン
日本公開:2012年6月2日(ヒューマントラストシネマ有楽町 ほか)
上映時間:2時間8分
配給:アルバトロス・フィルム

poster[1]

◯監督:エミリオ・エステベス
◯脚本:エミリオ・エステベス
◯原案:エミリオ・エステベス/ジャック・ヒット
◯製作:エミリオ・エステベス/フリオ・フェルナンデス/デヴィッド・アレクザニアン
◯製作総指揮:フリオ・フェルナンデス/アルベルト・マリーニ/スチュワート・ティル/ジャネット・テンプルトン/ラモン・ジェラルド・エステベス/トレヴァー・ドリンクウォータ/ジョン・スロ
◯音楽:タイラー・ベイツ
◯撮影:フアンミ・アスピロス
◯編集:ラウル・ダヴァロス/リチャード・チュウ

◯出演者/マーティン・シーン/デボラ・カーラ・アンガー/ジェームズ・ネスビット/ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン/
エミリオ・エステベス

『星の旅人たち』(ほしのたびびとたち、The Way)は、2010年のアメリカ=スペイン合作のドラマ映画。 俳優エミリオ・エステベスが、実父マーティン・シーンを主演に起用し、自らの監督・脚本・製作・出演で制作したロードムービーである。エミリオ・エステベスによるオリジナルストーリーとジャック・ヒット(英語版)による書籍『Off the Road: A Modern-Day Walk Down the Pilgrim's Route Into Spain』に含まれるいくつかのストーリーを原案としている。(Wikipedia)

続きを読む

20171009 Mon. 映画「アル・パチーノのリチャードを探して」

映画「アル・パチーノのリチャードを探して」

s_51ByAPbw6IL[1]

20171005 Thur. 劇団民芸「33の変奏曲」

劇団民芸「33の変奏曲」
公演期間:2017年9月27日 (水) ~2017年10月8日 (日)
会場:紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
10月5日(木)18:30拝見
3,016円

s_flyer_33variations-491x700[1]
原題=33VARIATIONS
作=モイゼス・カウフマン 
訳・演出=丹野郁弓
スタッフ:
装置 松岡 泉
照明 前田照夫
衣裳 宮本宣子
効果 岩田直行
音楽監督 日高哲英
舞台監督 中島裕一郎

キャサリン・ブラント博士(音楽理論学者) 樫山文枝
クララ・ブラント(その娘) 桜井明美
マイク・クラーク(看護師) 大中耀洋
ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーベン(作曲家) 西川 明
アントン・ディアベリ(楽譜出版者) 小杉勇二
ゲルトルード・ラーデンブルガー博士(資料館司書) 船坂博子
アントン・シントラー(ベートーベンの秘書) みやざこ夏穂

ピアノ演奏 鈴木ゆみ
 〃  猪野麻梨子

凡庸なワルツから33もの変奏曲を生み出したベートーベン、その謎を追いかける現代の学者キャサリン、時空を超えて二つの人生が交錯し響き合う。
全編をピアノの調べにのせて、現在と過去を行き来しながら、さまざまな人間模様をユーモラスかつ重厚に描き出します。(民藝HP)

続きを読む

20171001 Sun. 9月の観劇と10月の観劇予定

9月の観劇と10月の観劇予定

s_640[1]

9月は多士済々、実に実りの多い月でした。「豊穣の月」というべきか。
この写真の猫ちゃんの映画も楽しいものでしたし、次の写真の犬もなかなか。

9月の観劇

◯劇団風「バールの賛歌」
◯加藤健一事務所「喝采」
◯Q(キュー)「妖精の問題」
◯劇団昴「幻の国」
◯日本劇団協議会「同郷同年」
◯オペラシアターこんにゃく座「オペラ スマイル」
◯color child「ディアカウガール」(実は切符は買ったのですが、当日サボりました)
◯こまつ座「円生と志ん生」
◯NTL「誰もいない国」(スクリーン上映ですが、演劇に入れてます)
◯青年座「真っ赤なUFO 」

この芝居の中では、群を抜いて、劇団昴の「幻の国」が良かったですね。古川戯曲もだんだん良質なものになってきて、しかも多才。先月は青年座で書き下ろしていました。12月には本家本元の劇団で、初期の作品の再演があるとのことなので、出かけようかな、と。

映画は集中して見る時間がなかったので、それほど多くはありません。CS放送で放映中のトルコテレビドラマ「オスマン帝国外伝」と「大草原の小さな家9」にハマってしまっているので、それらを見ることに忙しく、映画まで手が回らない。だから、これだけ。

「パターソン」
「ボブという名の猫」
「顔のないヒトラーたち」

続きを読む

20170930 Sat. 劇団青年座第228回公演「真っ赤なUFO」

劇団青年座第228回公演「真っ赤なUFO」
◯期間:2017/09/29 (金) ~ 2017/10/08 (日)
◯劇場:青年座劇場
◯料金:3,000円 ~ 4,200円
一般:4,200円
U-25割引(25歳以下):3,000円
◎初日割り:3,000円
◯9月30日14時拝見  2時間30分(10分休憩含む) プレチケなので0円

stage_69359[1]

◯脚本:太田善也
◯演出:黒岩亮
◯ 美術=柴田秀子
◯照明=中川隆一
◯音響=城戸智行
◯衣裳=竹原典子
◯舞台監督=野口毅
◯製作=小笠原杏緒
◯出演:山﨑秀樹、小林さやか、當銀祥恵、松田周、山本与志恵、高松潤、井上夏葉、矢崎文也、平尾仁、山賀教弘、伊東潤

1978年(昭和53年)
ピンク・レディー「UFO]や
映画「スター・ウォーズ」
「未知との遭遇」が大ヒット
全国各地でUFOの目撃情報が
相次いで報告され、
空前のUFOブームが起きていた。

東京の郊外にある一軒家。
印刷業を営む斉藤清は、
優しい妻、市役所に勤める娘、
大学生の息子、そして年老いた母と、
一家五人、慎ましく暮らしていた。
ところが、
清が45歳の誕生日を迎えたその夜、
とんでもない事が起きる。

それは、
家族、娘の恋人、近隣住民、
さらには小説家や大学教授、
そしてテレビ関係者をも巻き込み、
大騒動となってゆく……
           (こりっち HPより)



続きを読む

20170924 Sun.  NTL「誰もいない国」

NTL「誰もいない国」 No Man's Land
本公演
プレビュー:2016年9月8日~9月19日
公演期間:2016年9月20日~12月17日
シアター:ウィンダムズ劇場(ロンドン)
上演時間:150分(休憩20分含む)

映画上映
期間:2017年9月22日(金)~9月28日(木)
シアター:TOHOシネマズ日本橋
9月24日(日)13時拝見
3,000円

s_5d3a1c72588b7ed5[1]

◯作:ハロルド・ピンター Harold Pinter
◯演出:ショーン・マサイアス Sean Mathias
◯装置&衣装:スティーヴン・ブリムソン・ルイス Stephen Brimson Lewis
◯照明:ピーター・カゾロウスキー Peter Kaczorowski
◯音響&作曲:アダム・コーク Adam Cork
◯プロジェクション:ニーナ・ダン Nina Dunn
◯キャスティング:アン・マクナルティ CDG Anne McNulty CDG

◯出演
ハースト Hirst: パトリック スチュワート Patrick Stewart
スプーナー Spooner: イアン・マッケラン Ian McKellen
フォスター Foster: ダミアン・モロニー Damien Molony
ブリグス Briggs: オーウェン・ティール Owen Teale

ノーヴェル文学賞を受賞しているハロルド・ピンターが1974年に執筆した4人芝居。
パブで出会ったハーストとスプーナーという年配の作家二人の会話に、ハーストの同居人たちが加わり、4人のやり取りが、2時間以上も続く。二人の主演俳優はともに80才近いシニア。あれだけのセリフを自家薬籠中の物として、演じる事はすごいことだ。

初演は1975年、ナショナル・シアターの制作で、ロンドンのオールド・ヴィック劇場で。好評だったために、その後、ウェストエンドのウィンダムズ劇場へと移る。その後、ブロードウェイへと進出するなど、大成功を収めた。初演のハーストとスプーナーは、ラルフ・リチャードソンとジョン・ギールグッド。この初演を、主演の二人の俳優と、演出家のマサイアスが観ていると、アフター・トークで喋っていた。

続きを読む

20170923 Sat. こまつ座第119回公演「円生と志ん生」

こまつ座第119回公演「円生と志ん生」
◯期間:2017/09/08 (金) ~ 2017/09/24 (日)
     休演日:9月12日(火) ・9月19日(火)
◯劇場:紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
◯料金:5,000円 ~ 9,000円 【発売日】2017/07/01
[全席指定]一般 9,000円/学生 5,000円
◯9月23日(土・祝)14時拝見 朝日新聞プレチケ優待券のため、3,000円 8列16番

円生チラシ表-thumb-262xauto-438[1]

◯脚本:井上ひさし
◯演出:鵜山仁
◯演奏:朴勝哲

◯出演:大森博史、ラサール石井、大空ゆうひ、前田亜季、太田緑ロランス、池谷のぶえ、朴勝哲

円生と志ん生、共に「昭和の名人」といわれる域まで芸を作り上げた噺家。リズムとテンポで軽妙な芸を得意とする兄弟子の志ん生と心に沁みる人情話を得意とした円生。性格の違う二人は戦時中の大連巡業から、戦後の生き方まで常に一緒、笑いとともにその奇想天外な行状行脚が史実をもとに展開する、命を懸けた珍道中。
戦争という時代にあって笑いの芸や日本人の心の情感を忘れなかった二人の修行は、それを忘れている私たちへの反戦の唄だった。噺家として日本人の心の話術を打ち出した天才噺家二人の大人気評伝劇が、新キャストを迎え堂々の上演。(こりっちHP)

続きを読む

20170915 Fri. オペラシアターこんにゃく座 公演 オペラ「スマイル~いつの日か、ひまわりのように」

オペラシアターこんにゃく座 公演 オペラ「スマイル~いつの日か、ひまわりのように」

期間:9月14日(木)~17日(日)
会場:俳優座劇場
料金:一般 6,000円/学生・子ども2,000円
    一般ペア:11,000円/おとなこどもペア:7,500円
    トクマルシート:4,000円/ U25:3,500円
9月15日(金)14:00拝見 3列7番

s_2017smile01[1]

◯台本 鄭義信
◯作曲 萩京子
◯演出 立山ひろみ
◯美術 土岐研一
◯衣裳 武田園子
◯照明 齋藤茂男
◯舞台監督 八木清市
◯音楽監督 萩京子
◯宣伝美術 山口洋佑(画・題字)片山中藏(デザイン)
◯キャスト
井村タカオ:ケント
鈴木裕加:ボタン
泉篤史:けんと
飯野薫:ぼたん
岡原真弓:ユリ
金村慎太郎:ドクダミ
相原智枝:サヨコ
彦坂仁美:ほくろ(14夜、15夜、16昼)、生徒ほか
熊谷みさと:ほくろ(15昼、16夜、17昼)、生徒ほか
武田茂:山本先生ほか
齊藤路都:生徒ほか
冬木理紗:生徒ほか
大久保哲:生徒ほか
林田和之:サクソフォン
榊原紀保子:ピアノ

初見で、初めての劇団なので、HPより転載。
~ものがたり~
自分のことをいつか月に還るウサギだと思っている男ことばのぼたんは戦争に行った父の帰りを待ちながら、病気の母サヨコとふたりで暮らしている。けんとはアメリカ人の父と日本人の母を持つ金髪の少年。いじめられるから学校にも行かれない。ぼたんとけんとは、いつもふたりきりで日が暮れるまで浜辺で遊んでいた。しかし、戦争の影がぼたんたちの暮らしをさらに覆い、けんとは祖父の言いつけで家から出してもらえない。動物園のゾウはいなくなり、ともだちも次々と疎開先へ。取り残されたふたりは、それぞれ月を見上げ、心を通わす。
「スマイル。幸福になる呪文……」

一方、漫才トリオ“サマーフラワーズ”は、今日も、街から街へ、村から村へと笑いを運ぶ!

続きを読む

20170914 Thur. 日本の演劇人を育てるプロジェクト「日本の劇」戯曲賞2016公演「同郷同年」

日本の演劇人を育てるプロジェクト「日本の劇」戯曲賞2016公演「同郷同年」

期間:2017年9月13日(水)~18日(月)
会場:恵比寿・エコー劇場
料金:全席指定
一般/前売 3,000円 当日 3,500円
学生/前売・当日とも 2,500円(日本劇団協議会のみ取扱)
9月14日(木)14:00拝見 1,500+108 A列13番 1時間45分
主催:文化庁/公益社団法人日本劇団協議会



◯作:くるみざわしん/「北区つかこうへい劇団戯曲作法塾」「伊丹想流私塾」を経て2007年、『うどん屋』で「テアトロ新人戯曲賞」佳作を受賞。劇団「光の領地」を旗揚げし、大阪を中心に活動。14年、『青い炎』が「部落解放文学賞」佳作、『蛇には、蛇を』が「日本劇作家協会新人戯曲賞」最終候補。15年、『ひなの砦』が「OMS戯曲賞」佳作。近年は「エイチエムピー・シアターカンパニー」の公演にドラマトゥルクとして参加し、海外の現代戯曲や日本の古典(歌舞伎)の上演に取り組む。詩人としても作品を発表し、「伊東静雄賞」佳作、「部落解放文学賞」等を受賞。
◯演出:宮田慶子
◯美術:土岐研一
◯照明:中川隆一
◯音響:長野朋美
◯衣裳:赤穂美咲
◯舞台監督:川原清徳
◯バリアフリーサービス:鯨エマ
◯宣伝美術:山内珠樹
◯プロデューサー:仲村和生
◯出演:吉見一豊/中野秀樹/松田洋治

あらすじ:

「逃げるんじゃない。次に行くんだ。」

同じ郷で同じ年に生まれた「同郷同年」の3人の男。
核廃棄物の最終処分場の誘致に乗り出したが、
是非を問う住民投票で彼らは惨敗。
追い詰められた1人が、ある決断を告げた。
郷土への思いの果てに、彼らを待ち受けているのは
未來への希望か、それとも破滅へのカウントダウンなのか・・・。

                   ここまでHP.

  

続きを読む

20170912 Tue. 劇団昴ザ・サードステージ「幻の国」

劇団昴ザ・サードステージ「幻の国」
期間:2017/09/12 (火) ~ 2017/09/24 (日)
劇場:サイスタジオ大山第1
料金:2,800円 ~ 4,000円【発売日】2017/08/07
    U24:2,800円 一般:4,000円 夜割3,500円(9/12、9/14)
拝見:9月12日(火)19時  3,500円 自由席 2時間半(休憩15分)

s_stage_68771[1]

◯脚本:古川健
◯演出:日澤雄介
◯美術:岡田志乃
◯照明:石坂晶子
◯照明オペレーター:ステージ・ライティング・スタッフ


◯出演:石田博英、永井誠、渡辺慎平、田中久也、永井将貴、町屋圭祐、福永光生、加藤和将、寺内よりえ、石井ゆき、林佳代子、高山佳音里、落合るみ、関泰子、舘田悠々

<東西冷戦下、東ドイツを舞台にした『幻の国』。
話題の劇団チョコレートケーキの劇作家、
古川健が劇団昴ザ・サード・ステージに書き下ろす意欲作。
演出は同じく劇団チョコレートケーキの日澤雄介>

続きを読む

プロフィール

andromache

Author:andromache
自分の見た芝居や映画を、備忘録代わりに書き留めておきたい。舞台やスクリーンの中に、様々な人生が見え隠れします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR