2018_06
21
(Thu)16:34

20180620 Wed. てがみ座第15回公演「海越えの花たち」

てがみ座第15回公演「海越えの花たち」

期間:2018/06/20 (水) ~ 2018/06/26 (火)
会場:紀伊国屋ホール
料金:3,000円 ~ 4,700円

<全席指定>
前売:4,500円
当日:4,700円
25歳以下:3,500円(前売・当日同一料金)

【前半割引】6月20日(水)&21日(木)の回は、前売・当日・U25それぞれ通常料金より500円引きとなります。

6月20日(水)19時拝見
前半割は美味しい。

s_stage_74491[1]

脚本:長田育恵
演出:木野 花
出演:石村みか、箱田暁史、岸野健太、実近順次、桑原裕子、内田慈、西山水木、日髙啓介、半海一晃、中西良太

<敗戦時、朝鮮半島には百万を超える日本人が在住していた。
半島からの引揚げは、昭和二三年の夏までにほぼ完了したとされるが、
すでに日本に戸籍がなく、身元引受人もいない女たちに帰る場所はなかった。
女たちは「故郷の空」を歌い、「アリラン」を踊りながら見つけ出す。
まぎれもない自分自身を。
在韓日本人妻たちの収容施設「慶州ナザレ園」をモチーフに、
半島の土に「日本人」として還っていく人々の軌跡を描く物語。>(Corich案内)

続きを読む »

スポンサーサイト
2018_06
12
(Tue)23:29

20180611 Mon. あやめ十八番「ゲイシャパラソル」

あやめ十八番「ゲイシャパラソル」

期間:2018/06/09 (土) ~ 2018/06/17 (日)
会場:座・高円寺1
料金:<振込・当日精算>
・一般前売:¥4,000
・共通券:¥7,000 
≪紅≫≪墨≫1回ずつご観劇いただけます。(¥1,000お得!!)
※同じ組を2回観劇には適用されません。

<当日精算のみ・要予約/当日受付で証明書提示>
・学生割引:¥2,500
・障がい者割引:¥1,000
・外国人割引:¥1,000
・高校生以下:無料!!→各回枚数限定!
※未就学児のご入場は出来ません。


s_stage_72306[1]

作・演出:堀越涼(あやめ十八番)
音楽監督:吉田能(あやめ十八番)
舞台監督:土居歩
照  明:南香織(LICHT-ER)
音  響:田中亮大(Paddy Field)
美  術:久保田悠人
衣  装:井上昌美/太田空見
振  付:ミヤタユーヤ
制作協力:大森晴香
宣伝美術:吉田能/田畑諒
写真撮影:下田直樹
パンフレットデザイン:荒川久忠
演出助手:白石ほなみ(ましかく企画)/ミヤタユーヤ/中村桃子(たすいち)/岩狹舜
制作助手:石川はるか/安藤陽佳
企画・製作:あやめ十八番

出演: ※一部ダブルキャスト、【紅】大森茉利子、堀越涼、(以上、あやめ十八番)、美斉津恵友(花組芝居)、石田迪子、小口ふみか、木原実優(ル・ソワン)、熊野善啓(チャリT企画)、山下雷舞、融羽子、松浦康太、塩口量平(プラチナムプロダクション)、和知龍範、【墨】金子侑加、秋葉陽司(花組芝居)、小林大介(花組芝居)、蓮見のりこ、服部容子、ミヤタユーヤ、今泉舞、川上憲心(劇団風情)、浜端ヨウヘイ(オフィスオーガスタ)、松本稽古、村上誠基、吉川純広、【紅・墨共通】北沢洋(花組芝居)、内田靖子、高橋奏(カナッペノハコ)、中村桃子(たすいち)、溝畑藍(虚構の劇団)、森川陽月(office夢九)、【楽隊】吉田能(あやめ十八番)、丸川敬之(花組芝居)、吉田悠(花掘レ/OpenReelEnsemble)、吉蘇このは

2018_06
11
(Mon)22:48

20180610 Sun. シェイクスピア・シアター「ヘンリー四世一部・二部通し公演」

シェイクスピア・シアター「ヘンリー四世一部・二部通し公演」
期間:2018/06/06 (水) ~ 2018/06/10 (日)
会場:中野ザ・ポケット
料金:3,000円 ~ 5,500円
ちょっとややこしい。
一般 4,500円
当日 5,000円
後援会・優待 4,000円
学生 3,000円
(学生2名以上同時お申込みで1枚2,500円)
一部二部通し券
一般 5,500円
学生 4,500円
(当日は各500円増)

なぜか4,500円で拝見。6月10日(日)第一部11:00~13:10(休憩15分)
                       第二部15:00~17:30(休憩15分)
指定席

s_henry4-2[1]

作:W・シェイクスピア
翻訳:小田島雄志
演出:出口典雄

ヘンリー四世…得丸伸二(文学座)
ハル王子…西尾洪介(シェイクスピアシアター)
フォールスタッフ…清水圭吾(文学座)
ホットスパー…鷹野梨恵子(無名塾)
パーシー夫人…依吹怜
シャロー/高等法院長…高山健太(シェイクスピアシアター)
クイックリー…奥山美代子(文学座)
ピストル/ポインズ…馬場俊明(シェイクスピアシアター)
バードルフ…高橋りさ(シェイクスピアシアター)

続きを読む »

2018_06
07
(Thu)23:07

20180606 Wed. 花形新派6月公演「黒蜥蜴」

花形新派6月公演「黒蜥蜴」
期間:2018年6月2日(土)~23日(土)
会場:三越劇場
料金:一律9,000円
時間:【午後の部】
●15時30分開演
第一幕 15:30~16:25(55分)
幕間   25分
第二幕 16:50~18:20(90分)
6月6日(水)観劇  4,500円+90

s_149803344299119552180[1]

原作 : 江戸川乱歩
脚色・演出 : 齋藤雅文

キャスト
名探偵・明智小五郎 : 喜多村緑郎 
女盗賊・黒蜥蜴 : 河合雪之丞 
岩瀬家一人娘・岩瀬早苗 : 春本由 香
岩瀬家女中・春 : 伊藤みどり
黒蜥蜴の手下・雨宮潤一 : 秋山真太郎 (劇団EXILE) 
警部・波多野十三郎 : 今井清 隆

続きを読む »

2018_06
03
(Sun)22:24

20180602 Sat. 桟敷童子「翼の卵」

桟敷童子「翼の卵」

s_6cf617_8d9bc453dc6f4d6581f5555b741a9130~mv2_d_2894_4092_s_4_2[1]

期間:5月29日(火)~6月10日(日)
会場:すみだパークスタジオ
料金:指定席:一律3,800円 
◎自由席(予約番号順にご入場)
前売一般:3,500円 
前売学割:3,300円(要・学生証提示)
墨田区民割引:3,300円(要・証明書等提示)
当日券:一律3,800円
6月2日(土)13時 拝見、自由席、2時間、2,450円。

【スタッフ】
作:サジキドウジ
演出:東憲司
美術:塵芥
照明:Jimmy[㈱FREE WAY]
照明操作:北澤由佳[㈱FREE WAY]
作曲:川崎貴人
チラシ画:梶村ともみ
チラシデザイン:山田武
舞台監督:深津紀暁

【協  力】長田勇/津田益宏/横岳由紀子/石川佐保里/三代川陽/岡田遊/㈱ロビンフッド・アーチスツ/劇団一の会/81プロデュース/ACT-21/㈱コムレイド/㈲ニュース/㈱オフィスまとば/(同)現代/E-Pin企画/㈱ギフト/シーズ・マネージメント㈱/すみだパークスタジオ/篠原要
【主  催】一般社団法人劇団桟敷童子
​【助  成】 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

s_6cf617_19935566dcd44d57bcc28b23522fe125~mv2_d_2895_4092_s_4_2[1]




続きを読む »

2018_06
02
(Sat)21:51

20180601 Fri. くによし組「ケレン・ヘラー」

くによし組「ケレン・ヘラー」

期間:2018/05/30 (水) ~ 2018/06/03 (日)
会場:花まる学習会王子小劇場(東京都)
料金:1000円~5000円
6月1日(金)14時 拝見 1時間50分 プレチケ

s_image[2]

【スタッフ】
作・演出 國吉咲貴
舞台監督 黒澤多生(無隣館)
照明 竹屋光浩(札幌ハムプロジェクト★東京支部)
音響 大嵜逸生(劇団森)
受付 ふくおかかつひこ
演出助手 音多衣子(くによし組)、小池まり
宣伝美術 ぷらんたー

【出演】 
國吉咲貴、永井一信(以上、くによし組)
井田由依香
岩塚光希(喜劇のヒロイン)
宇乃うめの
大嵜逸生(劇団森)
小畑はづき
タナカエミ(Dr.MaDBOY)
津枝新平
中野智恵梨(アマヤドリ)
三澤さき

続きを読む »

2018_05
30
(Wed)00:06

20180529 Tue. 新国立「ヘンリー五世」

新国立「ヘンリー五世」

期間:2018年5月17日(木)~6月3日(日)
会場:東京都 新国立劇場 中劇場
料金:
2018年5月29日(火)13時拝見、
2階2列33番 2,754円



作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:小田島雄志
演出:鵜山仁
美術:島 次郎
照明:服部 基
音響:上田好夫
衣装:前田文子
ヘアメイク:馮 啓孝
アクション:渥美 博
演出助手:西本由香
舞台監督:北条 孝
芸術監督:宮田慶子
主催:新国立劇場

出演:浦井健治、岡本健一、中嶋朋子 / 立川三貴、水野龍司、吉村直、木下浩之、田代隆秀、浅野雅博、塩田朋子、横田栄司 / 那須佐代子、小長谷勝彦、下総源太朗、櫻井章喜、清原達之、鍛治直人、川辺邦弘 / 亀田佳明、松角洋平、内藤裕志、田中菜生、鈴木陽丈、小比類巻諒介、玲央バルトナー / 勝部演之、金内喜久夫
2018_05
18
(Fri)00:07

20180516 Wed. 東京ハンバーグ「夜明け前、私たちは立ち上がる」

東京ハンバーグ「夜明け前、私たちは立ち上がる」

期間:2018/05/16 (水) ~ 2018/05/20 (日)
会場:サンモールスタジオ(東京都)
上演時間: 約1時間50分(休憩なし)
料金:2,500円 ~ 4,000円【発売日】2018/04/02

◆前売/3800円 当日/4000円 
◆ハンバーグ割引(★の部)
前売・当日/3500円
◆学生割/2500円(高校生以下)※要証明書

5月16日(水)14時 拝見 当日4,000円

s_stage_73975[2]

作:鮒田直也(The Stone Age)
演出 大西弘記(TOKYOハンバーグ)
音楽/清見雄高
舞台監督・舞台美術/大河原敦
照明/長沢宏朗
音響/香田泉(零´sRecord)
宣伝美術・宣伝PV/martrie
イラストレーション/さいとうりえ
宣伝写真・舞台写真/ありせさくら
WEB宣伝/西谷竜太
制作/J-Stage Navi(島田敦子・早川あゆ)
カンパニースタッフ/石原友武・相原奈保子・肥尾祥恵
企画・製作/TOKYOハンバーグ

永田涼香、小林大輔(以上TOKYOハンバーグ)、内谷正文(FRANKAGEcompany)、橘麦(e-factory)、谷沢龍馬(スタッフ・ワン)、徳永梓(écru)、荻野貴継、吉田由布子((同)現代)、竹井京子、野村咲、上田尋、高須誠、宇鉄菊三(tsumazukinoishi)

~標的にされた小さな港町~
ウミガメが卵を産み落とすために上陸する美しい海岸ー三重県・芦浜海岸。
この芦浜海岸に原発計画が持ち上がったのは、1963年(昭和38年)。
以降、2000年の白紙撤回まで37年間に渡って原発推進派と反対派の長い長い闘争が続いた。
原発計画によって、鮮明になっていく人間の覚悟とあきらめ。
港町で生まれ育った一人の女性の視点を通して、劣勢だった反対派住民たちの分岐点になった“1994年の覚悟”を描く。(Corich)

続きを読む »

2018_05
09
(Wed)00:50

20180508 Tue. 劇団パラノイア「幕末異聞 明治悪党奇譚」

劇団パラノイア「幕末異聞 明治悪党奇譚」

期間:2018/05/03 (木) ~ 2018/05/08 (火)
会場:下北沢「劇」小劇場
料金:2,000円 ~ 4,300円
【発売日】2018/02/25
【一般】前売り 4,000円/当日 4,300円
【小・中学生】前売り 2,000円/当日 2,500円
【劇パラ倶楽部会員】前売り 3,500円/当日 4,000円

5月8日(火)14時拝見 

s_stage_73555[1]

原作:河竹黙阿弥
原案、佐藤伸之
演出: 佐藤伸之
【音楽】大池夏機
【大道具】オフィスパラノイア
【照明】釣沢一衣
【音響】竹下好幸
【衣装】三之助/オフィスパラノイア
【小道具】高津装飾美術
【振付・所作指導】花柳武政
【指導協力】市川寿猿
【宣伝美術】東京省
出演:佐藤伸之、秋場千鶴子、小磯勝弥、田村友里、伊藤貴子、吉田匡孝、成田みわ子、北原マヤ、米山訓、藍アキラ、太田治希、蒼井さとみ、関メリッサ、山田大生、鈴木政之、桜庭梨那

【あらすじ】
時は明治の初め頃・・・
江戸の風情を払拭する様に急激な西洋化を遂げてゆく東京。
僅かに残った東京の暗闇に跳梁する三人の悪党。
偶然の出会いから義兄弟の契りを交わすが、実は、其々が互いの敵であった。
運命に弄ばれる様に絡み合った業の糸。
近代合理化の押し寄せる直中で、
悪党達が貫き通す一身の面目。
河竹黙阿弥の名作「三人吉三巴白浪」を題材に、オフィスパラノイアが描く
明治ピカレスク活劇(Corich紹介記事)

続きを読む »

2018_05
08
(Tue)00:47

20180507 Mon. 加藤健一事務所「煙が目にしみる」

加藤健一事務所「煙が目にしみる」

期間:5月3日(木祝)~13日(日)
会場:本多劇場
料金:前売り 5,400円 / 当日 5,940円/高校生以下 2,700円
5月7日(月)14時 拝見 K列22番 2,700円 1時間50分

s_kato_kenichi_kemuri_fixw_640_hq[1]

原案:鈴置洋孝
脚本・演出:堤泰之
美術:田中淑恵
照明:古宮俊昭
音響:秦 大介
衣装:友好まり子
ヘアメイク:馮 啓孝
舞台監督:笹原久義
製作:加藤健一事務所

キャスト:

加藤健一
山本郁子(文学座)
天宮良

加藤忍
伊東由美子(離風霊船)
佐伯太輔
菊地美香
伊原農(ハイリンド)
久留飛雄己(青年座)
吉田芽吹
照屋実

新井康弘

続きを読む »

2018_04
22
(Sun)19:55

20180422 Sun. 20歳の国卒業公演「青春超特急」

20歳の国卒業公演「青春超特急」

期間:4月19日(木)~29日(日)
会場:サンモールスタジオ
料金:500~3,800円
4月22日(日)14時 拝見 プレチケ 最前列 2時間(休憩なし)

s_5879a1_82b28c59438e4160a949ddaef60d6c4e~mv2[1]

作・演出:竜史
舞台監督:本郷剛史 
舞台美術:坂本遼
音響:池田野歩
照明:山内祐太
スチール:金子愛帆
歌唱指導:伊藤靖浩
演出助手:高須賀あき乃・梅原香
制作:中宮智彩(江古田のガールズ) 
宣伝美術:津和野諒(アガリスクエンターテイメント)
プロデューサー:竜史
企画・製作:20歳の国

出演:斉藤マッチュ 古木将也 湯口光穂 竜史(以上、20歳の国)
岡野康弘(Mrs.fictions) 亀山浩史(うさぎストライプ)  篠原彩  鈴政美穂
高橋義和(FUKAIPRODUCE羽衣) 傳田うに 萩原達郎(犬と串) 山脇唯

<あらすじ>
2018年。茨城県北部。北梅高校。卒業式当日。

卒業式をサボった西村は、寂れたカラオケボックス「メトロポリス」で一人、カラオケを歌っていた。
西村以外にも、3年A組のクラスメイトの中に、かつて想像していたような清々しい式日を迎えた者は、誰一人いなかった。

しかし卒業式典が始まると、やがて彼らは、特急列車の如くあっという間に過ぎ去った青春の日々を追憶し始める。少しだけ瞼を閉じた生徒たちは、素晴らしいとは決して言い難い、ありふれてた記憶の旅に身を委ねた。

入学式、部活、夏休み、修学旅行、文化祭、放課後、帰り道、バレンタインデー。

出発駅と終着駅の、その間。
特別な日から、名もなき一日まで、青春の途中駅に記憶の列車が軌跡のように次々と停車してゆく。
果たして、彼らの青春列車はどこへ辿りつくのかー。

続きを読む »

2018_04
14
(Sat)22:46

20180413 Fri. 松竹4月大歌舞伎夜の部「通し狂言 絵本合法衢」

松竹4月大歌舞伎夜の部「通し狂言 絵本合法衢」

期間:平成30年4月2日(月)~26日(木)
    昼の部 午前11時~/夜の部 午後4時45分~

料金税込
1等席 18,000円
2等席 14,000円
3階A席 6,000円
3階B席 4,000円
1階桟敷席 20,000円

s_kabukiza_201804_f2_3042193de748b51ce1cc6542886c9903[1]

四世鶴屋南北 作
奈河彰輔 補綴・演出
片岡仁左衛門 監修
通し狂言  絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ) 立場の太平次
片岡仁左衛門一世一代にて相勤め申し候
序 幕 第一場 多賀家水門口の場
第二場 多賀領鷹野の場
第三場 多賀家陣屋の場
二幕目 第一場 四条河原の場
第二場 今出川道具屋の場
第三場 妙覚寺裏手の場
三幕目 第一場 和州倉狩峠の場
第二場 倉狩峠一つ家の場
第三場 倉狩峠古宮の場
第四場 元の一つ家の場
大 詰 第一場 合法庵室の場
第二場 閻魔堂の場

左枝大学之助/立場の太平次:仁左衛門
田代屋与兵衛:錦之助
田代屋娘お亀:孝太郎
孫七:坂東亀蔵
太平次女房お道:吉弥
お米:梅丸
番頭伝三:松之助
升法印:由次郎
関口多九郎:権十郎
田代屋後家おりよ:萬次郎
高橋瀬左衛門/高橋弥十郎:彌十郎
佐五右衛門:團蔵
うんざりお松/弥十郎妻皐月:時蔵






続きを読む »