FC2ブログ
2014_10
28
(Tue)23:05

劇団青年座「地の乳房」

劇団青年座創立60周年記念公演第三弾「地の乳房」
2014/10/24(金) ~ 2014/11/03(月)
10月28日(火)18:30 拝見@新宿紀伊国屋ホール
一般:5500円、学生:3500円 (2750+180) B列15番(最前列)
地の乳房
作=水上勉
演出=宮田慶子
美術=伊藤雅子
照明=中川隆一
音響=高橋巖
衣裳=半田悦子
舞台監督=尾花真
製作=水谷内助義、紫雲幸一
出演=山野史人、嶋崎伸夫、田中耕二、平尾仁、加門良、横堀悦夫、大家仁志、堀部隆一、五十嵐明、小豆畑雅一、高松潤、桜木信介、前田聖太、和田裕太、泉晶子、土屋美穂子、大須賀裕子、増子倭文江、津田真澄、佐野美幸、野々村のん、加茂美穂子、黒崎照、田上唯、佐藤宏次朗(劇団ひまわり)、泉光(劇団ひまわり)、大河原爽介(劇団ひまわり)

大正7年から昭和45年若狭を舞台に、作者水上勉氏のご母堂をモデルにした「愛」という女性の一生を通して描かれた作品。 舞台は世界に例のない数の原発をかかえる若狭の一寒村である。

続きを読む »

スポンサーサイト
2014_10
25
(Sat)06:20

「誰よりも狙われた男」

「誰よりも狙われた男」 A Most Wanted Man (2013)
アメリカ・イギリス・ドイツ合作  配給 プレシディオ (122分 )
10月24日(金)観賞@TOHOシネマズシャンテ

誰よりも狙われた男
監督:アントン・コービン
製作:スティーブン・コーンウェル/ゲイル・イーガン/マルテ・グルナート/サイモン・コーンウェル
キャスト:
フィリップ・シーモア(ホフマンギュンター・バッハマン)
レイチェル・マクアダムス(アナベル・リヒター )
ウィレム・デフォー(トミー・ブルー )
ロビン・ライト(マーサ・サリヴァン)
グレゴリー・ドブリギン(イッサ・カルポフ)

2014年2月に急逝したフィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作.
スパイ小説の巨匠ジョン・ル・カレの同名小説を「コントロール」のアントン・コービン監督が映画化。

続きを読む »

2014_10
24
(Fri)23:40

「悪童日記」

「悪童日記」A nagy fuzet ドイツ・ハンガリー合作 (111分)
10月24日(金)拝見@TOHOシネマズシャンテ。
悪童日記
監督:ヤーノシュ・サース
製作:サンドル・ソスパル・サンドール
製作総指揮:アルベルト・キッツラー、ジェルジ・ズーフ
配給:アルバトロス・フィルム
キャスト:
アンドラーシュ・ジェーマント(双子 )
ラースロー・ジェーマント(双子)
ピロシュカ・モルナール(祖母 )
ウルリッヒ・トムセン(将校)
ウルリッヒ・マテス(父)


アゴタ・クリストフの同名ベストセラーを、クリストフの母国ハンガリーで映画化。

続きを読む »

2014_10
19
(Sun)08:46

彩の国シェイクスピア・シリーズ第29弾「ジュリアス・シーザー」

彩の国シェイクスピア・シリーズ第29弾「ジュリアス・シーザー」
2014年10月7日(火)~10月25日(土)
10月17日(金)13:30~拝見@彩の国さいたま劇術劇場大ホール
S席9500円、A席7500円、B席5500円、U-252000円  S席2FV列24番(メンバーズ8600円

ジュリアス・シーザー
演出:蜷川幸雄 演出補:井上尊晶 作:W・シェイクスピア
翻訳:松岡和子 美術:中越司、 照明:勝栄次郎  衣裳:小峰リリー
音響:高橋克司 ヘアメイク:河村陽子 照明:栗原直樹、舞台監督:濱野貴彦
出演:
安部寛:ブルータス
藤原竜也:アントニー
横田栄司:ジュリアス・シーザー
吉田鋼太郎:キャシアス


大舞台に大掛かりな階段舞台。一番上にローマ建国神話の、ロムルスとレムスの狼の乳をのむ巨大な有名な像。大舞台をどう使えば効果的かを、熟知してらっしゃる。その階段を人間が駆けあがったり、下りたり。

続きを読む »

2014_10
18
(Sat)17:51

椿組「一本刀土俵入り」

椿組2014年秋公演「一本刀土俵入り」~御存じ葛飾篇2014
2014年10月15日(水)~21日(火)
10月16日(木)19:30拝見@新宿三丁目Space雑遊
前売自由席(日時指定整理番号)3800円、中・高校生2500円、(プレゼント)
一本刀土俵入り
作:金杉忠男 
構成:西沢栄治 
演出:外波山文明 
プロデュース:辻親八
出演:辻親八、田渕正博、木下藤次郎、伊藤新(ダミアン)、鳥越勇作、長嶺安奈、岡村多加江、浜野まどか、今井夢子、瀬山英里子、勝島乙江(青年座)、佐久間淳也、外波山文明

「さびしかったらふらりとおいで 決して只じゃ帰さない!」

「1970年代!アングラ全盛期に「突撃板」を引っさげて殴り込みをかけた快男児・金杉忠男(劇団中村座)は東京下町をモチーフに多くの作品を発表し続けた!」(劇団HP)
その金杉忠男への椿組のトリビュート。

続きを読む »

2014_10
15
(Wed)00:28

民藝「コラボレーション――R・シュトラウスとS・ツヴァイク」

Collaboration by Ronald Harwood
2014/10/08(水) ~ 2014/10/20(月)
10月14日(火)18:30~拝見@紀伊国屋サザンシアター 
一般:6,300円 学生割引:3,150円 劇団のみ取り扱い
夜チケット:4,200円 夜公演全席  8列6番
コラボレーション
作:ロナルド・ハーウッド  訳:丹野郁弓
演出:渾大防一枝
装置:堀尾幸男
照明:山内晴雄・松島勉
衣裳:半田悦子
効果:岩田直行
舞台監督:藤沢徹
出演
西川明(リヒヤルト・シュトラウス)
戸谷友(パウリーネ・シュトラウス)
吉岡扶敏(シュテファン・ツヴァイク)
藤田麻衣子(ロッテ・アルトマン)
塩田泰久(ハンス・ヒンケル)
内田潤一郎(パウル・アドルフ)

「政治なんて反吐が出る!どうして政治家はあんなにも卑劣でいい加減なんだ?奴らの合言葉は欺瞞、奴らの敵は真実だ。あいつらの悪夢に引きずられてたまるものか。悪夢ならもう十分に味わった。力の限り抵抗してやりたい。ところが誰も自分を守るだけで汲々としてやがる」

「コラボレーション」の一人の主役、ステファン・ツヴァイクの台詞である。国家という暴力装置に振り回される二人の芸術家、リヒヤルト・シュトラウスとS・ツヴァイクの、オペラ「無口な女」を巡っての共同作業(コラボレーション)と、その後の二人の芸術家の極端に違った運命を、簡素な舞台の上に再現する。


続きを読む »

2014_10
14
(Tue)06:41

GEKIIKE「宵闇に咲く雨」

GEKIIKE「宵闇に咲く雨」
2014/10/03(金) ~ 2014/10/14(火)
10月9日(木)19時半拝見@シアター風姿花伝 F列ほ2番
前売 4,500円 U-18 3,500円(18歳以下限定、劇団受付のみ、身分証必須)
当日 4,800円(U-18当日3,800円)(プレゼント) 1時間40分
パンフレットが2000円と書いてあり、吃驚。
stage43659_1[2]
演出:樋口夢祈、神谷光
脚本:木村純子
舞台監督:吉川尚志
照明:マーキュリー
音響:HARLY
音楽:YOSHIZUMI
制作:木村朋絵・谷田美奈子・高森恭
プロデューサー:木村純子
協力:株式会社ヒラタオフィス・株式会社ウェーブマスター・株式会社ジャパンアクションエンタープライズ・合同会社PLUS VOX
企画・製作:スタービートエンターテイメント合同会社

プレゼントで頂いて、初めての劇団、初めて知るお芝居。
まずタイトルの意味が分からなくて(何となくわかるのだが)、受付嬢にお聞きする。「いえ、そんな意味があるというのではなく、なんとなく、感覚的にいいかな、と」というようなノリらしい。チラシがえらく劇画調で、噂によると時代劇とは聞いていたけど、どんなものだろうと、興味津津。


続きを読む »

2014_10
09
(Thu)00:03

NTL「Hamlet」

NTL「ハムレット」
10月8日(水)17時30分~観賞@TOHOシネマズ日本橋 240分(休憩17分)
G-5  3000円
2000円で買ったパンフレットの写真)
演出:ニコラス・ハイトナー
出演:
ローリー・キニア(ハムレット)
パトリック・マライド(クローディアス)
クレア・ヒギンス(ガートルード)
デイヴィッド・カルダー(ポローニアス&墓掘り)
ジェイムズ・ローレンサン(先王の亡霊&役者)

なんという芳醇な時間を持つことができたのだろう、NTL「ハムレット」拝見@TOHOシネマズ日本橋。最終日の夜、客の入りは7~8割。土日の混雑具合とはえらい違いだ。5時半から始まり、4時間強、開始2時間1分後に17分の休憩1回。とても濃密な時間を過ごしてしまった。すばらしい。

ローレンス・オリヴィエの「ハムレット」がコスチュームプレイの最たるものだとすると、今回の「ハムレット」はパーカーにスエットパンツ着用の、ラフな「ハムレット」といえる。ローリー・キニアの「ハムレット」は聊か薄毛が気になる、背格好も小柄でちょっとずんぐり、風貌はあんまり冴えないけれど、その明晰な語り口、十分に納得できるセリフ術、知的な眼差し、と素晴らしいハムレットだった。

続きを読む »

2014_10
07
(Tue)18:22

二兎社公演39 「鴎外の怪談」

二兎社+公立劇場共同制作 「鴎外の怪談」
2014年10月2日(木)~26日(日)
10月7日(火)14:00拝見@東京芸術劇場シアターウエスト
一般 5600円、U25 3000円 中高生割引1000円 C列21番
鴎外の怪談
作・演出:永井 愛
美術:大田 創
照明:中川隆一
衣裳:竹原典子
ヘアメイク:清水美穂
舞台監督:増田裕幸
協力:文京区立鴎外記念館、森鴎外記念館(津和野町)、森鴎外記念会、ほか
キャスト:金田明夫(森鴎外)、水崎綾女(森しげ)、内田朝陽(平出 修)、佐藤祐基(永井荷風)、高柳絢子(スエ)、大方斐紗子(森 峰)、若松武史(賀古鶴所)

2年前、生誕150年を機に鴎外に興味を持ったという永井。「鴎外は山県有朋の私的諮問機関メンバーで、ここで(大逆)事件の判決方針が決められた節がある。一方、文芸誌『スバル』を発行し、事件の弁護をした平出修とも親しかった。鴎外が事件に、2つの立場からどんな態度を取ったか。想像力を膨らませる余地があった」と。     

続きを読む »

2014_10
06
(Mon)22:24

10月大歌舞伎夜の部

17世中村勘三郎27回忌/18世中村勘三郎3回忌 追善興行
10月1日(水)~25日(土)
10月6日(月)16時半拝見@歌舞伎座 3階2列38番 6000円
10月歌舞伎夜の部
夜の部
一、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)寺子屋 
松王丸 仁左衛門
武部源蔵 勘九郎
戸浪 七之助
涎くり与太郎 国 生
百姓吾作 松之助
春藤玄蕃 亀 蔵
園生の前 扇 雀
千代 玉三郎

二、道行初音旅(みちゆきはつねのたび)吉野山   
佐藤忠信実は源九郎狐 梅 玉
早見藤太 橋之助
静御前 藤十郎

三、鰯賣戀曳網(いわしうりこいのひきあみ)   
鰯賣猿源氏 勘九郎
傾城蛍火実は丹鶴城の姫 七之助
博労六郎左衛門 獅 童
傾城薄雲 巳之助
同 春雨 新 悟
同 錦木 児太郎
同滝の井 虎之介
同 乱菊 鶴 松
庭男実は薮熊次郎太 市 蔵
亭主 家 橘
海老名なあみだぶつ 彌十郎

その日のtwitterより

10月歌舞伎夜の部は、なんといっても「菅原伝授手習鑑」の「寺子屋」が秀逸。仁左衛門と玉三郎の松王丸と千代の組み合わせは、何年ぶりだろうか、待って、待って、ようやく実現した組み合わせである。武部源蔵と戸浪のカップルも二人で演じたのを観たことがあるが、今回は勘三郎父子の追善興行のために、勘九郎と七之助が、源蔵・戸浪。

続きを読む »

2014_10
04
(Sat)09:41

東京ストーリーテラー2014秋公演「露の見た夢」

東京ストーリーテラー「露の見た夢」
2014年10月1日(水)~5日(日)
10月3日(金)風チーム拝見@大塚萬劇場
一般前売り3,500円  当日3,800円  学割(高校生以下)2,500円(全席自由席)
露の見た夢

脚本・演出:久間勝彦
出演:牧島進一(StudioLife)、林里容、みつる、鈴木達夫、有田佳名子(ビーエスカル)、中川むっく、こもりよしこ 、石谷雅仁(プロダクション東京ドラマハウス)、柳一至(劇団離風霊船)、久住ヒデト(オレガ・ユナイテッド)、瀬戸川未空、清水拓藏、仙崎情、長野耕士、石坂史朗、結城えり子(ビーエスカル)、佐伯佑佳(ビーエスカル/アルファライズ)、中山祐士(プロダクション東京ドラマハウス)、堀内麻緒(プロダクション東京ドラマハウス)、篠田力子、高島桂介(teamACT)

チラシの騎馬軍団のシルエットに惹かれて、チケットを予約したので、既成の知識皆無である。惹句に「時は十三世紀、中央アジアの砂漠の街を、疾風のように駆け抜けた、一人の男の物語」「焼けた砂が風に舞い、都アスカリナの刑場に2本の杭が立った。英雄の屍を牛馬の糞尿に浸し、盗人の見た夢だけを残すために...」との文言に、思わず往年の新諸国物語「七つの誓い」などを思い出し、福田蘭堂の尺八の音が聞えてきたりした。東京ストーリーテラー(TST)公演「露の見た夢」。

続きを読む »