FC2ブログ

20160930 Fri. 劇団天動虫「飛び火」

劇団天動虫「飛び火」
●期間:2016年9月28日(水)~10月2日(日)
●料金:【一般前売】 3200 円/【当日】 3500 円
特別割引【学生】 2000 円 ( 要学生証提示。事前予約のみ )/★【平日昼割】 2800 円 ( 一般、事前予約のみ )
●会場:新宿Space雑遊
●9月30日13時拝見、2時間20分(休憩なし)、自由席

6b4e79_f29ce8869f874500a883c03f9864ed43~mv2[1]
●演出:帆足知子
●作:野村ようすけ
●舞台監督:深瀬元喜
●音響:高沼薫
●照明:若原靖(LICHT-ER)
●音楽協力:Tia Rungray
●小道具製作:鈴木萌子
●宣伝イラストレーション:山本まりか
●ジョニー、浅倉洋介、杉本純一(天然ポリエステル)、温井美里、松山亜衣、井上諒、ニュームラマツ(鋼鉄村松)、川島千明、重道吉樹、小西寛子、藤江千晶、井村昂(少年王者舘)
※ダブルキャスト:木崎真宥子/鹿又由菜
●宣伝写真:NOMU3
●制作:七音/岩井梨沙子
●協力:少年王者舘/劇団鋼鉄村松/劇団天然ポリエステル/アコルト/第七秘密基地/水天宮ピット/池林房・太田篤哉

劇団HPより~
18世紀イギリス。一陣のつむじ風が吹き抜ける…
その風の正体は「飛び杼(ひ)」。
その旋風は、疎まれ、魅了し、人々の心に火種を産み、焚き付け、炎となって飛んでいく。
やがてその火は一人の少年の心に宿り、
熱いエネルギーとなって、時代を変えようとしていた…

劇団天動虫一年半ぶりの本公演!!
満を持して挑むのは、産業革命時のイギリスを駆け巡る群衆活劇!
ウソとマコトを交錯させて、
歴史の悲喜交々な人間模様を、
熱と笑いで織りあげる!!!>

ハナシとしては面白い内容だ。
ジョン・ケイやアダム・スミス、ジェームズ・ワットなど産業革命時代の有名人が登場する珍しい舞台だ。


続きを読む

スポンサーサイト

20160926 Mon. 映画「歌声にのった少年」

映画「歌声にのった少年」
●原題:Ya Tayr El Tayer
●製作年:2015年
●製作国:パレスチナ
●配給:アルバトロス・フィルム
●上映時間:98分
●映倫区分:G
●9月26日16:00 拝見@ヒューマントラストシネマ有楽町

320[1] (2)
●監督:ハニ・アブ=アサド
●脚本:ハニ・アブ=アサド/ザメホ・ゾアビー
●音楽:ハビーブ・シハーデ・ハンデ
●撮影:イハーブ・アッサール
●編集:イヤス・サルマーン
●美術:ナエル・カンジュ
●プロデユーサー:アリ・ジャハル/アミーラ・ディアーブ
●キャスト
タウフィーク・バルホーム:ムハンマド・アッサーフ
ナディーン・ラバキー:シャーディヤ
ムハンマド・アッサーフ:本人
ディーマ・アワウダ:アマル
アハマド・ロッホ:ウマル
サーベル・シリーム:アハマド
カイス・アッタラー:ムハンマド・アッサーフ(子供時代)
ヒバ・アッタラー:ヌール
アハマド・カセイーム:ウマル(子供時代)
テッヤ・ホサイン:アマル(子供時代)

<亡き姉との約束を果たすため、紛争の地ガザから命がけで脱出し、世界的な歌手になる夢を叶えた少年の奇跡の実話>
とあるように、実話である。「アメリカン・アイドル」の中東版「アラブ・アイドル」で、2013年、見事優勝したムハンマド・アッサーフの半生を描いたものである。

世界的な歌手になってから、歌手を続けながら、国連パレスチナ難民救済事業機関青年大使として、世界を飛び回りながら、平和活動に身を捧げているという。

続きを読む

20160926 Mon. 映画「アスファルト」

映画「アスファルト」
●原題:Asphalte
●製作年:2015年
●製作国:フランス
●配給:ミモザフィルムズ
●上映時間:100分
●映倫区分:G
●9月26日13:20~拝見@ヒューマントラストシネマ有楽町

320[1]
●監督:サミュエル・ベンシェトリ
●製作:イバン・タイエブ/マリー・サバレ/ジュリアン・マドン
●脚本:サミュエル・ベンシェトリ/ガボール・ラッソブ
●撮影:ピエール・アイム
●美術:ジャン・ムーラン
●衣装:ミミ・レンピカ
●編集:トマ・フェルナンデス
●音楽:ラファエル
●キャスト
イザベル・ユペール:ジャンヌ・メイヤー
ギュスタブ・ケルバン:スタンコヴィッチ
バレリア・ブルーニ・テデスキ:看護師
タサディット・マンディ:マダム・ハミダ
ジュール・ベンシェトリ:シャルリ
マイケル・ピット:ジョン・マッケンジー
ミカエル・グラーリング:デデ
ラルーシ・ディディ:ムルー
アブデルマドジッド・バルジャ:マジッド
ティエリー・ヒメネスジロザ

ちょっとありえない、不器用な男と女の出会いと心の交流。
場所は、フランス郊外の、曇天の空と同じような色をした、古ぼけた、街の発展から取り残されたような、団地。
周辺の土地も荒れ果てて、舗装道路もガタガタ、見渡す限りグレーの世界。
団地のエレベーターが壊れたので、お金を出し合って、修理しようと住民集会が開かれている冒頭シーン。

続きを読む

テーマ : 映像・アニメーション
ジャンル : 学問・文化・芸術

20160925 Sun. きょう、カイちゃんの1周忌

きょう、カイちゃんの1周忌

きょう、9月25日は、ケイ(圭)ちゃんの先代犬、カイ(海)ちゃんの、1周忌である。たった6歳で死ななきゃならなかった、可哀想なカイチャンを思い出すと、今でも涙が出てくるよ。




1周忌に納骨しようと思っていたけれど、いいや、3回忌までウチにいてよ。今はケイちゃんがいるけど、カイちゃんだか、ケイちゃんだか、区別がつかなくなっている。でも、、やっぱりカイちゃんはカイちゃん。虹の橋の袂で待っていてくれてる?

まだ暑いけど、竜胆、藤袴、秋明菊、吾亦紅を買ってきた。


20160922 Thr. ツチプロ「青」

ツチプロ「青」
●期間:2016/09/21(水) ~ 2016/10/02(日)
●会場:OFF OFFシアター
●料金:2,800円 ~ 4,500円
  指定席(9月21日〜9月23日) 前売 3,500円・当日 4,000円
  指定席(9月24日〜10月2日) 前売 4,000円・当日 4,500円
  U-25席(全日程):2,800円 ※25歳以下対象・要証明書。取扱いはJ-Stage Naviのみ。
  ※演出の都合上、桟敷自由席から全席指定へ変更。
●9月22日(木)14:30拝見  D列10番  1時間50分

s_IMG_6151[1]
●脚本:夏井孝裕(reset-N)
●演出:千葉哲也
●照明:鷲崎淳一郎(ライティング ユニオン)
●音響:坂口野花(TEO)
●舞台美術:阿部一郎
●舞台監督:内山清人
●宣伝美術:西山昭彦
●宣伝写真:川久保繁樹
●映像収録:犬竹義行
●WEB運営:絵心 -kaishin-
●制作:J-Stage Navi (島田敦子・早川あゆ)
●プロデュース補佐:樋口将大・柳澤千帆
●プロデュース:土屋 士
●企画製作:ツチプロ
●出演:今泉舞(エンパシィ)、勝島乙江(劇団青年座)、木村圭吾、近内拓也、酒井和哉、土屋士、永澤洋(SET)、別所晋(無名塾)、三嶋義信、渡辺樹里(ワンダー・プロ)

ツチプロ、というのを寡聞にして知らない。CoRichの活動紹介欄に、
<主宰の土屋士が、劇団Studio Life・伊藤正次演劇研究所を経て、企画ごとに公演を立ち上げるプロデューススタイルの演劇集団を02年に設立。戯曲選びを始めとした企画製作の準備力に重点を置き、魅力的な外部俳優陣らと共に活力・思考・時代性に富む、舞台作品の上演を目指す>と。

伊藤正次演劇研究所は、昨年急死した中川杏奈主演の「夏の砂の上」(松田正隆・脚本)で知った。それと、演出が、「いま、ここにある武器」で拝見したばかりの千葉哲也、ということだけで、チケットを予約してしまった。タイトルの「青」の意味も、内容も知らないまま。

続きを読む

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

20160919 Mon. 文学座9月アトリエの会 「弁明」

文学座9月アトリエの会 「弁明」
●期間:2016/09/07(水) ~ 2016/09/21(水) 【休演日】9月15日(木)
●料金:2,500円 ~ 4,600円
[全席指定・消費税込]一般(前売)…4,300円/ 一般(当日)…4,600円※①
ユースチケット(25歳以下/前売・当日共に)…2,500円※②
※① 開演3時間前より当日券専用ダイヤル(03-3353-3566)にて先着販売。
※② 文学座のみ取扱い。観劇当日、要年齢証明。
●会場:文学座アトリエ
●2時間40分(休憩15分) 

20160907[1]
●作:アレクシ・ケイ・キャンベル
●訳:広田敦郎
●演出:上村聡史
●美術:長田佳代子
●照明:賀澤礼子
●音響:藤田赤目
●衣裳:伊藤早苗
●舞台監督:加瀬幸恵
●制作:友谷達之、山下 悠
●イラストとチラシデザイン/チャーハン・ラモーン
●出演:山本道子、栗田桃子、松岡依都美、小林勝也、佐川和正、亀田佳明、
     ※出演を予定しておりました坂口芳貞が体調不良のため降板となり、小林勝也に変更になりました。

~引用~
2014年文学座アトリエの会『信じる機械』に続く、アレクシ・ケイ・キャンベル作×上村聡史演出の第2弾です。
上村は『信じる機械』の演出により第17回千田是也賞を受賞。
また、昨年の第22回読売演劇大賞最優秀演出家賞を受賞以来、約2年ぶりに文学座公演を手掛けます。
文学座俳優陣が繰り広げる濃密な言葉のやりとりを、アトリエ独自の小空間にて、是非、ご堪能下さい。


続きを読む

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

20160910 Sat. 名作再見 映画「少女は自転車にのって」

名作再見 映画「少女は自転車にのって」
●原題:Wadjda
●製作年:2012年
●製作国:サウジアラビア・ドイツ合作
●配給:アルバトロス・フィルム
●上映時間:97分
●映倫区分:G
s_wpid-201310111031161[1]
●監督:ハイファ・アル=マンスール
●脚本:ハイファ・アル=マンスール
●出演:ワアド・ムハンマド(ワジダ)
     リーム・アブドゥラ(ワジダの母)

イスラーム教の中でも戒律が最も厳しいと言われるサウジアラビアでは、映画館の設置が法律で禁じられているという。また女性への抑圧が、他に増して厳しいところで、女性に対する人権は一切認められていないのが実情だ。そんなクニで、女性が、映画を撮った。女性が街頭で撮影していると危険だということで、彼女は車の中から、姿を見せずに監督した、と聞いた。サウジアラビアの現在の等身大の姿を見てもらいたい、という強い気持ちが彼女にこの映画を撮らせたのであり、その意味でも、これは画期的と言うより奇跡的といった作品と言えるのかもしれない。サウジアラビア初の映画を、女性の監督で、主演が女性二人。監督ハイファ・アル=マンスールが、同国俳優を起用し、すべて国内で撮影したサウジアラビア初の長編映画。

続きを読む

テーマ : 映像・アニメーション
ジャンル : 学問・文化・芸術

20160912 Mon. 西瓜糖第5回公演「うみ」

西瓜糖第5回公演「うみ」
●期間:2016/09/07(水) ~ 2016/09/14(水)
●料金:3,200円 ~ 4,200円
  前売券4000円、当日4200円、学生3200円
●会場:テアトルBONBON
●9月12日(月)14時拝見、4,000円、自由席 2時間10分(休憩なし)

o0480068013717233458[1]
●脚本:秋之桜子
●演出:松本祐子
●美術:石井強司 
●照明:阿部康子 
●音響:今西工 
●小道具:宮崎亜友美
●舞台監督:井関景太 
●演出補:日沖和嘉子
●制作補:しゅはまはるみ、間宮りん
●宣伝デザイン オザワミカ 
●宣伝写真 サトノリユキ
●舞台写真:宮内勝 
●舞台録画 kazu movie
●出演:伊藤総、佃典彦、三田村周三、柳家さん生、小園茉奈、陰山真寿美、かんのひとみ、難波なう、矢野陽子、奥山美代子、山像かおり

続きを読む

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

20160911 Sun. 劇団青年座第223回公演「朝食まで居たら?」

劇団青年座第223回公演「朝食まで居たら?」
●期間:2016年9月8日 (木) ~2016年9月11日 (日)
●料金:3,500円 ~ 5,500円
一般5,500円 / U25(25歳以下)3,500円
●タイムテーブル:
9月8日(木)18:30
9月9日(金)14:00
9月10日(土)14:00
9月11日(日)14:00
●2時間30分(休憩15分) 1階11列4番(プレチケ)

image[1] (3)
●脚本=ジーン・ストーン、レイ・クーニー
● 翻訳台本=たかしまちせこ
●演出=伊藤大
●美術=阿部一郎
●照明=宮野和夫
●音響=中島正人
●衣裳=岸井克己
●舞台監督=今村智宏
●製作=紫雲幸一、川上英四郎
●出演=津嘉山正種、野々村のん、高松潤

1970年、ロンドン北西部ハムステッドにあるアパート。
そこに住むジョージは、何事にも几帳面な公務員。
その性格が災いして離婚してしまったが、
今は独身生活を楽しんでいる。
ある夜、夕食の準備をしていたときのこと、
同じアパートの2階から臨月のヒッピー娘ルイーズが、
男友達デイビーと喧嘩してジョージの部屋に転がり込んできた。
ジョージは体よく追い返そうとするのだが、
陣痛が始まったから、さあ大変!(劇団案内)

続きを読む

20160908 Thr. Kawai Project Vol. 2 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ 「まちがいの喜劇」 シェイクスピア没後400年記念

Kawai Project Vol. 2 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ 「まちがいの喜劇」 シェイクスピア没後400年記念
●期間:2016/09/07(水) ~ 2016/09/11(日)
●会場:あうるすぽっと
●料金:2,000円 ~ 4,500円
<前売>一般:4000円、U25:2000円
<当日>一般:4500円、U25:2500円
豊島区民割引:3500円 ※あうるすぽっとのみ前売取扱
●20160年9月8日(木)14時拝見 4,000円 D-8 2時間10分(休憩15分)

image[1] (2)
●翻訳・演出:河合祥一郎
●音楽:後藤浩明
●美術:平山正太郎
●演出助手:稲葉賀恵             
●照明:富山貴之
●音響:星野大輔             
●衣裳:月岡彩
●ヘアメイク:武井優子
●舞台監督:本郷剛史
●宣伝デザイン:荒巻まりの
●制作:玉塚充
●制作補・票券:新居朋子
● 【企画・制作】Kawai Project、株式会社タマプロ
 【協力】岡村本舗、劇団俳優座TRASHMASTERS、文学座
 ​【共催】あうるすぽっと(公益財団法人としま未来文化財団)
●出演:岩崎加根子、原康義、小田豊、髙橋洋介、多田慶子、梶原航、寺内淳志、チョウヨンホ、島本和人、沖田愛、野口俊丞、辻村優子、クリスタル真希、押田栞、田部圭祐、峰崎亮介、青井そめ、中山真一(ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者)

もしあなたそっくりの人が、
あなたとしてふるまっていたら、どうしますか?



2014年に好評を博したKawai Projectの第2弾!

ライムやリズムの楽しさを最大限に活かし、
ヴィオラ・ダ・カンバの生演奏とともにお届けします!
抱腹絶倒・奇想天外
シェイクスピアの真の面白さを体験してください!

の前宣伝の通り、ま、抱腹絶倒、とは行かないけれど、なかなか面白いシェイクスピアだった、楽しめた、というのが正直な感想。シェイクスピアの喜劇を日本人が日本の劇団でやるときは、いつも不自然で、白々しい気持ちになってしまうのだが、今回の「まちがいの喜劇」は、日本人が日本語で上演しながら、それぞれのセリフを楽しめる事ができるという、面白い体験をしたことが何より。今流行の、日常会話のようなシェイクスピアでもなく、70年代、80年代のシェイクスピアの翻訳的翻訳でもなく、今回、河合氏が凝りに凝った、工夫の上に工夫したという、原文になるべく近い形で、韻を踏みながら、リズミカルなセリフに終始した、と。そのセリフにヴィオラ・ダ・ガンバという古楽器の生演奏が、うまくフィットして、エリザベス朝時代の雰囲気を感じさせることにも成功。

続きを読む

20160902 Fri. 加藤健一事務所vol.97 「ハリウッドでシェイクスピアを」

加藤健一事務所vol.97「ハリウッドでシェイクスピアを」
●原題:SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD
●2016年 8月31日(水)~9月14日(水)@下北沢・本多劇場
 ◆藤沢◆9月17日(土)@藤沢市湘南台文化センター 市民シアター
 ◆大阪◆※会員制の貸切公演。 9月20日(火)、21日(水)@エル・おおさか エル・シアター
●9月2日(金)拝見
●2時間20分(15分休憩)、L列8番、4,800円

3fe7a784288d564d5654cb33c56d2113-e1471344275872[1]
●作:ケン・ラドウィッグ 
●訳:小田島恒志 ・ 小田島則子
●演出:鵜山仁
●美術:大田創
●照明:渥美友宏
●音響:松本昭
●衣裳:木鋪ミヤコ・doldol dolani
●衣裳製作:大屋博美・doldol dolani
●ヘアメイク:馮啓孝
●振付:新海絵理子
●宣伝美術:市川きよあき
●宣伝写真:石川 純
●舞台監督:上村利幸
●製作:加藤健一事務所
●加藤健一
植本潤(花組芝居)
小宮孝泰 
粟野史浩(文学座)
丸山厚人
奥村洋治(ワンツーワークス)
土屋良太
永岡卓也
・ ・ ・
加藤忍
日下由美
瀬戸早妃
新谷真弓(ナイロン100℃)

芸達者な人たちが、自身楽しみながら、演じ、踊り、歌をうたう。「夏の夜の夢」別バージョン、ともいうべき、エンタメ・ドタバタ喜劇。
本物のオベロンが、3組の結婚式の祝宴で疲れきって(なんていうとぼけた設定がおかしい)、間違って1934年のハリウッドに、パック共々紛れ込んでしまうという設定が荒唐無稽のあほらしさ。しかもそのハリウッドでは、「夏の夜の夢」の映画の撮影に入っていて、紛れ込んできたオベロン主従を、オーディションを受けに来た役者と間違えて、役を振り当ててしまうという、都合の良さ。

続きを読む

プロフィール

andromache

Author:andromache
自分の見た芝居や映画を、備忘録代わりに書き留めておきたい。舞台やスクリーンの中に、様々な人生が見え隠れします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR