2018_04
30
(Mon)14:53

20180430 Wed. イタリア映画祭2018 「いつだってやめられる~名誉学位」

イタリア映画祭2018 「いつだってやめられる~名誉学位」




s_6fb3f6a81ff42623[1]
スポンサーサイト
2018_04
22
(Sun)19:55

20180422 Sun. 20歳の国卒業公演「青春超特急」

20歳の国卒業公演「青春超特急」

期間:4月19日(木)~29日(日)
会場:サンモールスタジオ
料金:500~3,800円
4月22日(日)14時 拝見 プレチケ 最前列 2時間(休憩なし)

s_5879a1_82b28c59438e4160a949ddaef60d6c4e~mv2[1]

作・演出:竜史
舞台監督:本郷剛史 
舞台美術:坂本遼
音響:池田野歩
照明:山内祐太
スチール:金子愛帆
歌唱指導:伊藤靖浩
演出助手:高須賀あき乃・梅原香
制作:中宮智彩(江古田のガールズ) 
宣伝美術:津和野諒(アガリスクエンターテイメント)
プロデューサー:竜史
企画・製作:20歳の国

出演:斉藤マッチュ 古木将也 湯口光穂 竜史(以上、20歳の国)
岡野康弘(Mrs.fictions) 亀山浩史(うさぎストライプ)  篠原彩  鈴政美穂
高橋義和(FUKAIPRODUCE羽衣) 傳田うに 萩原達郎(犬と串) 山脇唯

<あらすじ>
2018年。茨城県北部。北梅高校。卒業式当日。

卒業式をサボった西村は、寂れたカラオケボックス「メトロポリス」で一人、カラオケを歌っていた。
西村以外にも、3年A組のクラスメイトの中に、かつて想像していたような清々しい式日を迎えた者は、誰一人いなかった。

しかし卒業式典が始まると、やがて彼らは、特急列車の如くあっという間に過ぎ去った青春の日々を追憶し始める。少しだけ瞼を閉じた生徒たちは、素晴らしいとは決して言い難い、ありふれてた記憶の旅に身を委ねた。

入学式、部活、夏休み、修学旅行、文化祭、放課後、帰り道、バレンタインデー。

出発駅と終着駅の、その間。
特別な日から、名もなき一日まで、青春の途中駅に記憶の列車が軌跡のように次々と停車してゆく。
果たして、彼らの青春列車はどこへ辿りつくのかー。

続きを読む »

2018_04
14
(Sat)22:46

20180413 Fri. 松竹4月大歌舞伎夜の部「通し狂言 絵本合法衢」

松竹4月大歌舞伎夜の部「通し狂言 絵本合法衢」

期間:平成30年4月2日(月)~26日(木)
    昼の部 午前11時~/夜の部 午後4時45分~

料金税込
1等席 18,000円
2等席 14,000円
3階A席 6,000円
3階B席 4,000円
1階桟敷席 20,000円

s_kabukiza_201804_f2_3042193de748b51ce1cc6542886c9903[1]

四世鶴屋南北 作
奈河彰輔 補綴・演出
片岡仁左衛門 監修
通し狂言  絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ) 立場の太平次
片岡仁左衛門一世一代にて相勤め申し候
序 幕 第一場 多賀家水門口の場
第二場 多賀領鷹野の場
第三場 多賀家陣屋の場
二幕目 第一場 四条河原の場
第二場 今出川道具屋の場
第三場 妙覚寺裏手の場
三幕目 第一場 和州倉狩峠の場
第二場 倉狩峠一つ家の場
第三場 倉狩峠古宮の場
第四場 元の一つ家の場
大 詰 第一場 合法庵室の場
第二場 閻魔堂の場

左枝大学之助/立場の太平次:仁左衛門
田代屋与兵衛:錦之助
田代屋娘お亀:孝太郎
孫七:坂東亀蔵
太平次女房お道:吉弥
お米:梅丸
番頭伝三:松之助
升法印:由次郎
関口多九郎:権十郎
田代屋後家おりよ:萬次郎
高橋瀬左衛門/高橋弥十郎:彌十郎
佐五右衛門:團蔵
うんざりお松/弥十郎妻皐月:時蔵






続きを読む »

2018_04
07
(Sat)22:03

20180406 Fri. 松本紀保プロデュース「Farewell」

松本紀保プロデュース「Farewell」

201801290005_ex[1]

期間: 2018/4/6(金) ~ 2018/4/15(日)
会場: サンモールスタジオ (東京都)
料金:

作:松本哲也(小松台東)
演出:青山勝(劇団道学先生)

出演:伊達暁 / 柿丸美智恵 / 山田百次 / 異儀田夏葉 / 久保貫太郎 / 斎藤ナツ子 / 小野川晶 / 松本紀保

続きを読む »