FC2ブログ
2018_07
29
(Sun)22:19

20180727 Fri. 燐光群創立35周年記念公演 第三弾「九月、東京の路上で」

燐光群創立35周年記念公演 第三弾「九月、東京の路上で」

期間:7月21日(土)〜8月5日(日)
会場:下北沢ザ・スズナリ
料金:
2018年7月27日(金)14時 拝見 3,200円 2時間20分(休憩なし)

s_96f12e9b5484b5a8b48420cec2a76c0c[1]

原作 ◯ 加藤直樹「九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響」(ころから刊)
作・演出 ◯ 坂手洋二

出演 ◯ 中山マリ 鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋 さとうこうじ 円城寺あや 咲田とばこ 杉山英之 武山尚史 樋尾麻衣子 田中結佳 山村秀勝 山本由奈 荻野貴継

<原作は、1923年9月・関東大震災直後の出来事を、時系列を追って検証する同名ブログを元に刊行された、加藤直樹のノンフィクション。
95年前のあの日々、どのような「虐殺」が行われたか。
殺害や暴行があった各地を取材、刻一刻と広がるデマ・殺害行動など、95年前の東京を「追体験」し、検証する、ドキュメンタリー・ドラマの新境地。

平野共余子の衝撃的論考(草思社・スミソニアン研究出版刊)に着想を得て上演し読売演劇大賞三賞に輝いた『天皇と接吻』(1999)以来の、燐光群+坂手洋二がルポルタージュを劇化する、圧倒的試みの最新作。>



続きを読む »

スポンサーサイト
2018_07
27
(Fri)21:54

20180725 Wed. 映画「フジコ・ヘミングの時間」

映画「フジコ・ヘミングの時間」

製作年 2018年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 115分
映倫区分 G

s_640[1]-1

監督 小松莊一良
企画 小松莊一良
エグゼクティブプロデューサー 新井重人
企画プロデュース 千葉広二
プロデューサー 小室直子
構成 小松莊一良
撮影監督 青木正
撮影 小松莊一良
編集 小松莊一良
サウンドトラックプロデューサー 西尾勇哉
ミキシングエンジニア 坂元達也
ラインプロデューサー佐藤裕武/小松上花
ナレーション 三浦透子

キャスト:フジコ・ヘミング/ 大月ウルフ

s_640[1] (4)

<60代になってから世界に見いだされたピアニスト、フジコ・ヘミングのドキュメンタリー。日本人ピアニストの母とロシア系スウェーデン人のデザイナーである父との間に生まれ、母の手ほどきによって5歳からピアノを習いはじめたフジコ。やがて演奏家として高い評価を受けるようになるが、大事なリサイタルの前に聴力を失うという大きなアクシデントに見舞われるなど、数奇な人生を歩んできた。1999年にNHKで放送されたドキュメント番組によって日本でも広く知られるようになったフジコの、初のドキュメンタリー映画となる今作では、ワールドツアーで世界を巡って演奏する姿や、自宅で愛する猫に囲まれて過ごす時間など、公私にわたるフジコの素顔に密着。父との別離、厳しい母のレッスン、ハーフへの差別、貧しい留学生活や聴力喪失など、数々の苦難に見舞われても、夢をあきらめずに進んだフジコの人間性と音楽に迫る。>

続きを読む »

2018_07
26
(Thu)21:33

20180725 Wed. 映画「モリのいる場所」

映画「モリのいる場所」

製作年 2018年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 99分
映倫区分 G

320[2]

監督・脚本 沖田修一
製作 新井重人/川城和実/片岡尚/鷲見貴彦/宮崎伸夫/佐竹一美
エグゼクティブプロデューサー 永山雅也
プロデューサー 吉田憲一/宇田川寧
撮影 月永雄太
照明 藤井勇
美術 安宅紀史
装飾 山本直輝
衣装 岩崎文男
ヘアメイク 宮内三千代
特殊メイク 百武朋
録音 山本タカアキ
音響効果 勝亦さくら
編集 佐藤崇
音楽 牛尾憲輔
VFXスーパーバイザー 小坂一順
スクリプター 押田智子
キャスティング 南谷夢
助監督 安達耕平
制作担当 大田康一
ラインプロデューサー 濱松洋一

キャスト
山崎努 熊谷守一
樹木希林 秀子
加瀬亮 藤田武
吉村界人 鹿島公平
光石研 朝比奈
青木崇 高岩谷
吹越満 水島
池谷のぶえ 美恵ちゃん
きたろう 荒木
林与一 昭和天皇
三上博史 知らない男

続きを読む »

2018_07
18
(Wed)21:07

20180717 Tue. 椿組・夏・花園神社野外劇「天守物語~夜叉ヶ池編」

椿組・夏・花園神社野外劇「天守物語~夜叉ヶ池編」

期間:2018年7月11日(水)〜22日(日)12公演
会場:新宿花園神社境内特設ステージ[客席テント有り]
料金:木戸銭
指定席 4,500円/前売自由席 4,000円/当日自由席 4,300円(日時指定-整理番号付き)
学生・養成所割引き 3,500円(ベンチ席)

s_tenshu_flyer_omote_fixw_234[1]

原作:泉 鏡花
脚色:高取 英
構成・演出:加納 幸和(花組芝居)
プロデューサー:外波山 文明

美術: 加藤ちか
照明 :沖野隆一(RYU CONNECTION)
音響: 青蔭佳代(音スタ)
音楽(作曲): 寺田英一
殺陣(剣術指導):栗原直樹(WGK)
衣裳: 阿部美千代(株・MIHYプロデュース)
振付:スズキ拓朗(CHAiroiPLIN)
演出助手:小林弘幸(新宿公社)/遠藤弘章(東京タンバリン)
人形美術デザイン:松本淳一
かつら(床山):杉岡実加/ (株)丸善
舞台監督:松下清永
舞台監督助手:松本淳一 / 高山和也 / 荒牧大道 / 佐藤昭子 / テイカトウ
小道具:池田由衣 / 長谷川愛美テント
設営監督:吉木均大道具:大津英輔 / 谷佳那奈
ケイタリング:ASAMI / 外波山鏡HP
デザイン:福原望
パンフレットデザイン:外波山美里
制作票券:アンデム(佐藤希・近藤たえ) / 吉野美紀 / 佐藤彌 / 清水直子
宣伝美術:黒田征太郎+タカハシデザイン室

出演:松本紀保 / 原川浩明 / 粟野史浩 / 田渕正博 / 木下藤次郎 / 一色洋平 / 井上カオリ / 下元史朗 / 水野あや / 外波山文明 / 他

続きを読む »

2018_07
12
(Thu)18:28

20180711 Wed. NTLive 「アマデウス」

NTLive 「アマデウス」

期間:
会場:TOHOシネマズ日本橋
料金:3,000円
2018年7月11日(水)14:00拝見

s_amadeus_201806_01_fixw_730_hq[1]

原題:Amadeus
尺:3時間15分(休憩20分含む) 
上演劇場:ナショナル・シアター オリヴィエ劇場

作:ピーター・シェーファー
演出: マイケル・ロングハースト
出演:ルシアン・ムサマティ、アダム・ギレン

続きを読む »

2018_07
04
(Wed)18:05

20180703 Tue. 青年団第79回公演「日本文学盛衰史」

青年団第79回公演「日本文学盛衰史」

期間:2018年6月7日(木)- 7月9日(月) 32ステージ
会場:吉祥寺シアター
料金:【前半割】6月7日(木)〜6月17日(日)
    前売: 一般:3,500円 ユース・シニア:2,500円 高校生以下:1,500円
    予約・当日:一般:4,000円 ユース・シニア:3,000円 高校生以下:2,000円
【通常料金】6月18日(月)〜7月9日(月)
    前売: 一般:4,000円 ユース・シニア:3,000円 高校生以下:2,000円
    予約・当日 :一般:4,500円 ユース・シニア:3,500円 高校生以下:2,500円

2018年7月3日(火)19:30 拝見 3,000円 A-46

20180325194839[1]

原作:高橋源一郎 
作・演出:平田オリザ

舞台美術:杉山 至
美術アシスタント:濱崎賢二
照明:井坂 浩 西本 彩
音響:泉田雄太 櫻内憧海
衣裳:正金 彩
舞台監督:小林朝紀 
宣伝美術:工藤規雄+渡辺佳奈子 太田裕子
宣伝写真:佐藤孝仁
宣伝美術スタイリスト:山口友里
制作:石川景子 太田久美子

撮影協力:momoko japan
タイトルロゴ制作資料協力:公益財団法人日本近代文学館

出演:
山内健司 松田弘子 志賀廣太郎 永井秀樹 小林 智 兵藤公美  島田曜蔵  能島瑞穂 大塚 洋 鈴木智香子 田原礼子 大竹 直 村井まどか 山本雅幸 河村竜也 長野 海 堀 夏子 村田牧子 木引優子 小瀧万梨子 富田真喜 緑川史絵 佐藤 滋 藤松祥子

続きを読む »