20170228 Tue. Pカンパニー第19回公演「白い花を隠す」

Pカンパニー第19回公演 『白い花を隠す』
~シリーズ罪と罰 CASE3~ 罪と罰の狭間を見つめるシリーズ第3弾

◯期間:2017年2月28日(火)~ 3月5日(日)
◯会場:シアターグリーン BOX in BOX THEATER
◯グリーンフェスタ2017参加
◯料金:全席指定 椅子席一般5,000円 学生3,500円
桟敷席一般4,000円 学生2,500円
★プレビュー公演 3,000円均一
◯2月28日(火)19:00拝見 3,000円 2時間10分

s_p19a250[1]

◯スタッフ
新作 ・・・・・・・・・・ 石原燃
演出 ・・・・・・・・・・ 小笠原響
美術 ・・・・・・・・・・ 松岡泉
衣装 ・・・・・・・・・・ 友好まり子
演出助手 ・・・・・・・・・・ 佐藤ゆみ
照明 ・・・・・・・・・・ 石島奈津子(東京舞台照明)
音響 ・・・・・・・・・・ 木内 拓(音映)
舞台監督 ・・・・・・・・・・ 大島健司
音楽 ・・・・・・・・・・ 日高哲英
制作 ・・・・・・・・・・ 松井伸子 / 千葉綾乃
企画・統括 ・・・・・・・・・・ 林 次樹
◯出演
内田龍磨 / 水野ゆふ / 円城寺あや(浅井企画 )
林次樹 / 磯辺万沙子(劇団昴 ) / 須藤沙耶
荻野貴継(スタッフ・テン) / 本田次布 / 福井裕子(演劇集団円)
五十嵐弘 / 吉岡健二 / 山田健太
細川美央 ・立直花子 (Wキャスト)

<小さなドキュメンタリー制作会社に、あるテレビ番組の企画が持ち込まれる。それは旧日本軍による従軍慰安婦制度を裁く民衆法廷を追う番組だった。スタッフたちは、民衆法廷が持つ歴史的な意義を伝えようと番組製作に取りかかるが、テレビ局側から異例の指示が相次ぎ、番組の改ざんを迫られる。意見を翻す者。沈黙する者。逃げる者。少しずつ見えない圧力に絡め取られていくなかで、残されたディレクターはなにを見たのか。
2001年のNHK番組改変事件を元に描いた、組織に翻弄された人びとと、ある家族の物語。
それが罪だと知りながら、人はなぜ絡め取られてしまうのか>(Pカンパニー HPより)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

andromache

Author:andromache
自分の見た芝居や映画を、備忘録代わりに書き留めておきたい。舞台やスクリーンの中に、様々な人生が見え隠れします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR