季節のはざまで

Welcome to my blog

20170416 Sun. 映画「午後8時の訪問者」

映画「午後8時の訪問者」
◯原題 La fille inconnue
◯製作年 2016年
◯製作国 ベルギー・フランス合作
◯配給 ビターズ・エンド
◯上映時間 106分
◯映倫区分 G
◯4月16日14時20分拝見@新宿武蔵野館



◯監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ
◯製作:ジャン=ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ/ドゥニ・フロイド
◯製作総指揮:デルフィーヌ・トムソン
◯脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ
◯撮影:アラン・マルクーン
◯美術:イゴール・ガブリエル
◯衣装:マイラ・ラメダン・レビ
◯編集:マリー=エレーヌ・ドゾ
◯キャスト:
アデル・エネル
オリビエ・ボノー
ジェレミー・レニエ
オリビエ・グルメ
ファブリツィオ・ロンジョーネ

「ロゼッタ」「ある子供」でパルムドールを受賞し、カンヌ国際映画祭の常連として知られるベルギーのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟監督作品。ある日の夜、診療受付時間を過ぎた診療所のドアベルが鳴るが、若き女医のジェニーはそのベルに応じなかった。しかし翌日、身元不明の少女の遺体が診療所近くで見つかり、その少女が助けを求める姿が診療所の監視カメラに収められていた。少女はなぜ診療所のドアホンを押し、助けを求めていたのか。少女の死は事故なのか、事件なのか。そして、ジェニーはなぜドアホンに応じなかったのか。さまざまな疑問が渦巻く中、ジェニーは医師である自身の良心や正義について葛藤する。主人公のジェニー役を「スザンヌ」のアデル・エネルが演じ、ジェレミー・レニエ、オリビエ・グルメ、ファブリツィオ・ロンジョーネらダルデンヌ兄弟作品の常連俳優たちが脇を固める。(映画com.)

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
劇場の片隅で、様々な劇的世界に身を置くのが好き。
About me
自分の見た芝居や映画を、備忘録代わりに書き留めておきたい。舞台やスクリーンの中に、様々な人生が見え隠れします。