FC2ブログ
2018_05
05
(Sat)15:08

20180503 Thu. イタリア映画祭「フォルトウナータ」

イタリア映画祭「フォルトウナータ」

原題 Fortunata
製作年 2017年
製作国 イタリア
上映時間 103分
5月3日(木)15:40@有楽町朝日ホール

s_72a59cfcee606b88[1]

監督:セルジオ・カステリット
脚本:セルジオ・ッカステリット
キャスト:
ジャスミン・トリンカ
ステファノ・アコルシ
アレッサンドロ・ボルギ
エドアルド・ペッシェ
ハンナ・シグラ

「幸運」を意味する名前にもかかわらず、フォルトゥナータの結婚生活は夫の暴力で破綻し、離婚が間近だった。独立して生きるために美容師の闇の仕事を懸命にこなし、自分の店を持つことに順調に突き進んでいたが、一人娘が心理カウンセリングを受け始める医師との出会いが運命を変える。(Filmarks紹介記事)

フォルトウナータという名前と、紹介写真の明るさで、これは小気味の良いサクセスストーリーか?と思ったら、さにあらず、不幸の連続の、最後まで中途半端な終わり方をしている、暗い映画であった。登場人物がほとんど問題を抱える人物として描かれる。

フォルトゥナータ自身、暴力的な夫との間に生まれた8歳の娘を育てているシングルマザー、過去に「双極性障害」を抱えていた幼馴染のチカーノと一緒に、いつか自分たちのサロンを持つことを夢見て、闇の美容師をしながら、追い立てられるように毎日を過ごしている。

チカーノ自身も、過去に女優をしていたという矜持をもった認知症の母親の世話をしていて、母親ともども悲惨な結果に終わる彼のエピソードは、この映画の中でも、一番心打たれるものである。




関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント