2018_05
06
(Sun)16:15

20180503 Thu. 「ロンドン、人生はじめます」

「ロンドン、人生はじめます」

原題  Hampstead
製作年 2017年
製作国 イギリス
配給 シンカ、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間 102分
5月3日12:40分 拝見@シネ・スイッチ

s_b44e296bbe2e68f0[1]

監督 ジョエル・ホプキンス
製作 ロバート・バーンスタイン/ダグラス・レイ
製作総指揮 レオン・クラランス/マーク・ウーリー/ロール・ベッセ/ジョー・モンク/アリソン・トンプソン/マーク・グーダー/クローディア・ブリュームフーバー/イアン・ハッチソン/ハーベイ・ワインスタイン/デビッド・グラッサー
脚本 ロバート・フェスティンガー
撮影 フェリックス・ビーデマン
美術 サラ・ケイン
衣装ラ イザ・ブレイシー
編集 ロビン・セイルズ
音楽 スティーブン・ウォーベック
音楽監修 マーク・ロー
キャスト:
ダイアン・キートン:エミリー
ブレンダン・グリーソン:ドナルド
レスリー・マンビル:フィオナ
ジェイソン・ワトキンス:ジェームズ
ジェームズ・ノートン:フィリップ
アリスター・ペトリ:スティーブ
フィル・デイビス:ファイフ
サイモン・キャロウ
s_640[1] (2)

「アニー・ホール」のダイアン・キートンと、「ハリー・ポッター」シリーズのブレンダン・グリーソン共演で、ホームレスの男性が一夜にして資産家になったという実話をもとに、大人の恋を描いたロマンティックコメディ。ロンドンの高級マンションで暮らす未亡人のエミリーは、夫が亡くなり、さまざまな問題に直面して心が満たされずにいた。そんな折、自然に囲まれた手作りの小さな家で暮らすドナルドと出会う。庭でのディナー、気ままな読書、森でのピクニックなど、高級住宅地で暮らすエミリーとは間逆の環境で幸せに暮らすドナルド。頑固だけど温かいドナルドにエミリーは次第に惹かれていくが、ドナルドに降りかかったある事件から2人を取り巻く状況は一変する。監督は「新しい人生のはじめかた」「ラブ・パンチ」のジョエル・ホプキンス。(映画com)

s_640[1]

<ハムステッド(Hampstead)は、ロンドン中心部カムデン・ロンドン特別区にある地区。ロンドンの北郊広大な公園ハムステッド・ヒースとハムステッド・ハイ・ストリートを中心にした緑の多い地区。
古くから文人が多く住み、現在も高級住宅地として知られる。ヒースの南側には、詩人のジョン・キーツが一時期住んだ家が記念館として公開されているほかに、画家ジョン・コンスタブル、作家D・H・ローレンスなどのゆかりの家もある。
フロイト博物館と タビストック・クリニックの位置である。(Wikipedia)

との説明通り、宏大なハムステッド・ヒースの森のなかに一人棲む、ホームレスの男性(ブレンダン・グリーソン)と、近くの高級マンションに棲む、夫をなくしたばかりの女性(ダイアン・キートン)の恋物語。

おそらく何かの失意を覚えて、人里から離れて一人棲むようになったホームレスの男性(日本のホームレスとは少しばかりイメージが違う)が、17年前からそこに住み着いていることを立証して、仮所有権をゲット、その過程で知り合った、心の中に虚しさを抱えている中年女性との人生の再生の話は、見ていても心が落ち着く展開だ。実話を元に映画を作ったとあるから、実際に似たようなことがあったのだろうが、人生の喜び、幸せとは何かを考えさせる。

夫の借金やら負債をなんとかしなければいけない懐具合のなかで、帽子屋の帽子を眺めて、150ユーロの正札を「あら、高いわね」と一旦戻す彼女の姿に、同じ日に、某デパートで、この帽子ステキね、とかぶってみて、25000円という正札を見て、即諦めた自分とイメージがダブっておかしかった。

関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント