20180516 Wed. 東京ハンバーグ「夜明け前、私たちは立ち上がる」

東京ハンバーグ「夜明け前、私たちは立ち上がる」

期間:2018/05/16 (水) ~ 2018/05/20 (日)
会場:サンモールスタジオ(東京都)
上演時間: 約1時間50分(休憩なし)
料金:2,500円 ~ 4,000円【発売日】2018/04/02

◆前売/3800円 当日/4000円 
◆ハンバーグ割引(★の部)
前売・当日/3500円
◆学生割/2500円(高校生以下)※要証明書

5月16日(水)14時 拝見 当日4,000円

s_stage_73975[2]

作:鮒田直也(The Stone Age)
演出 大西弘記(TOKYOハンバーグ)
音楽/清見雄高
舞台監督・舞台美術/大河原敦
照明/長沢宏朗
音響/香田泉(零´sRecord)
宣伝美術・宣伝PV/martrie
イラストレーション/さいとうりえ
宣伝写真・舞台写真/ありせさくら
WEB宣伝/西谷竜太
制作/J-Stage Navi(島田敦子・早川あゆ)
カンパニースタッフ/石原友武・相原奈保子・肥尾祥恵
企画・製作/TOKYOハンバーグ

永田涼香、小林大輔(以上TOKYOハンバーグ)、内谷正文(FRANKAGEcompany)、橘麦(e-factory)、谷沢龍馬(スタッフ・ワン)、徳永梓(écru)、荻野貴継、吉田由布子((同)現代)、竹井京子、野村咲、上田尋、高須誠、宇鉄菊三(tsumazukinoishi)

~標的にされた小さな港町~
ウミガメが卵を産み落とすために上陸する美しい海岸ー三重県・芦浜海岸。
この芦浜海岸に原発計画が持ち上がったのは、1963年(昭和38年)。
以降、2000年の白紙撤回まで37年間に渡って原発推進派と反対派の長い長い闘争が続いた。
原発計画によって、鮮明になっていく人間の覚悟とあきらめ。
港町で生まれ育った一人の女性の視点を通して、劣勢だった反対派住民たちの分岐点になった“1994年の覚悟”を描く。(Corich)

s_yoake_ura_fixw_640_hq[1]
関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad