FC2ブログ
2018_10
06
(Sat)21:02

20181004 Wed. 劇団花組芝居「天守物語」

劇団花組芝居「天守物語」

期間:2018年10月3日(水)~8日(月・祝)
会場:東京都 あうるすぽっと
料金:2,500円 ~ 6,200円

全席指定・一般 5,800円(当日6,200円) 
・U25(25歳以下) 2,500円(当日2,900円) ※
・新座員顔見世抄 3,000円(当日3,400円) 

10月4日(水)19:00拝見

s_tenshu18[1]
s_tenshu18b[1]

原作:泉鏡花
構成・演出:加納幸和

トリプルキャスト
天守夫人富姫:小林大介(泉組)、加納幸和(鏡組)永澤洋(新人公演)
姫川図書之助:丸川敬之(泉組)、押田健史(鏡組)、武市佳久(新人公演)

シングルキャスト
岩代国猪苗代亀姫:二瓶拓也
十文字ケ原朱の盤坊:原川浩明
茅野ケ原の舌長姥:北沢洋
侍女桔梗:松原綾央
同萩:秋葉陽司
同女郎花:磯村智彦
同撫子:山下禎啓
奥女中薄:谷山知宏
女の童鬼灯:永澤洋
蜻蛉:武市佳久
播磨守家臣小田原修理:山下禎啓
山隅九平:秋葉陽司

白鷹 / 工人近江之丞桃六:桂宮治(ゲスト出演)

s_DSC_9528[1]

本作は泉鏡花「天守物語」を原作に、加納幸和が構成・演出を手がける恋物語。魔物たちが住む白鷺城第五重の主・富姫は、ある夜、天守を訪れた若き鷹匠・姫川図書之助に恋をしてしまい……。男性キャストのみの花組芝居が鏡花の“夢幻世界”を描き出す。

なお本作は小林大介が富姫、丸川敬之が図書之助を演じる泉組、加納が富姫、押田健史が図書之助を演じる鏡組に分かれて上演。10月5日19:00開演回のみ、新座員の永澤洋が富姫、武市佳久が図書之助を演じる新人公演「新座員顔見世抄(はいりたてをみせましょう)」が実施される。また白鷹 / 工人近江之丞桃六役として桂宮治がゲスト出演。さらに本作のチラシイラストは、マンガ家の波津彬子が手がけた。チケットの一般販売は7月28日にスタート。(ステージナタリー)

s_1539067490725[1]
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント